(社)守山青年会議所
2012年度 理事長予定者

西本篤志 君

郷土
姉妹LOM 富士五湖青年会議所

(社)守山青年会議所

〒524-0021
 守山市吉身2丁目5−22
TEL 077-582-5168
FAX 077-582-7046
e-mail info@moriyama-jc.or.jp
新着情報
2011/3/17「東北地方太平洋沖地震」における対応についてアップしました
2011/3/173/28に予定しておりました公開討論会は中止となりました
2011/3/16もり塾の活動日記をアップしました。左のバナーをクリックして下さい
2011/3/08事業報告ページを更新しました

information

 
2011/09/14 ■9月通常総会 開催

9月13日 9月例会と並行し、9月通常総会を開催しました。

9月通常総会は、例年、次年度の役員・理事を決定する非常に重要な総会となっています。
まずは、次年度理事長予定者の西本君から役員の発表があり、その後に理事の選挙がおこなわれました。

緊張した空気の中で開票結果が発表され、次年度理事長予定者の西本君から「非常に頼もしいの面々が選出され、非常に楽しみです。」との挨拶がありました。

いよいよ、次年度の風が吹き始め、期待も膨らみますが、本年度の事業もまだまだ盛りだくさんです。
各々に与えられた立場を全うしていきたいものです。


comment

2011/09/14 ■9月例会を開催しました

昨日9月13日、矢島町の地域総合センターにおいて9月例会と9月通常総会を開催しました。

9月例会は当総務広報委員会がホストを務めさせていただき、「情報発信!聞いて納得!デザインの基礎」と題し、ホームページやチラシ、ポスターのデザインをする際に押さえておきたい4つの基本原則について学びました。

普段、私たちはデザインを考える際に無意識のうちに見てもらう側に”見やすいように”と心がけていますが、その基礎となる4つの原則を体系立てて学ぶことで、さらに磨きのかかったもの作れるようになったはずです。

そして、メンバーの名刺や今年の1月に開催し750名もの動員を実現した事業のポスターなどの実例を用いて、その効果を検証しました。渡辺委員長は自分が作ったポスターの改めて評価でき満足げでした。

そして、先月に引き続きメンバー全員の参加があり、2か月連続の100%例会が達成されました!
奥野委員長おめでとうございます。
残り3回の例会も目指しましょう!


comment

2011/09/01 ■間宮理事長のつぶやき

こんにちは。今月は、「英国王のスピーチ」レンタル開始を記念してスピーチについてつぶやいてみます。

理事長という役職をさせていただいていると多くの場面で、スピーチではないですが、挨拶をさせていただくことがあります。

理事会や定例会では、メンバーに対して理事長挨拶として、事業などでは、参加者の方に対して主催者挨拶として、他の地域から来られたJCメンバーに対しては開催地理事長の挨拶として、地域行事の実行委員会などに行けば、副実行委員長などの肩書で挨拶をさせていただくこともあります。

とにかく人前でお話をさせていただくことが本当に多いです。
生来、あがり症の私は、本当に日々緊張の連続です。
家で挨拶の原稿を考え、練習をする。
緊張のあまり咳き込んでしまうこともよくある。
私の緊張に気づき、奥さんは「また挨拶するの?」
こどもたちは「なにしゃっべてんの?」

こんなことを繰り返し、なんとか9月を迎えることができました。
場数は踏みましたが、やはり慣れて緊張しなくなることはないです。
大事なところを飛ばしたり、同じことを繰り返したりと
でも、だんだん自分自身の言葉で伝えたいことが伝えられるようになった気がします。
理事長になる前に、多くの先輩からいろいろなアドバイスをいただきました。

A先輩は、「理事長は、委員長のようにみんなの先頭に立って、行動でメンバーを引っ張ってはいけない。言葉で、挨拶でメンバーを引っ張っていくのが、理事長の仕事だ」と
B先輩は、「いろんなところで挨拶して、とにかく緊張すると思う。でもその緊張するような環境にあることに感謝しなくてはあかんよ。」と
C先輩は、「メンバーに対する挨拶は、失敗してもしょうがない。何度も取り返すチャンスがあるから。でも外に出てする挨拶は、取り返す機会がない。その瞬間の挨拶が守山青年会議所のすべてになるから」と


理事長の「挨拶」という部分だけでも多くのことを学ばしていただいています。
JCではいろいろな役職があり、その立場の中で、学べることも違ってきます
「汗をかく」「恥をかく」「字をかく」
これらのことも経験年数や役職の違いにおいて学びのステップがあります。
お金ではない、商売を先立てない、そんな関係の中でメンバーそれぞれが互いに成長をしていくのです。だから「青年の学び舎」なのです。

8月例会は、開会時100%例会でした。
すべてのメンバーの前でさせていただいたご挨拶。
あの時の感動は一生忘れません。
例会研修委員会さん・担当室長、すべてのメンバーの皆さんのご協力の賜物です。
ありがとうございました。

さあ、今月もごあいさつをさせていただく機会を多く設けていただいています。
各委員会の思いのこもった事業計画書に負けないように
1つでも多くのことをメンバーに届けられるように、取り組んでいきたいと思います。


comment

一つひとつの経験が間宮理事長の礎となり、守山青年会議所の礎となっていくのですね。あと4カ月頑張って下さい!

(2011-09-02 07:49:01 直前理事長)

A先輩の発想は今日までありませんでした。とにかく一心不乱に背中で引っ張ることしかありませんでした(笑)

(2011-09-03 21:54:23 C先輩(かな))